軽天・ボード

「軽量鉄骨」と呼ばれる軽い鉄材を格子状に組んで固定し、壁や天井の下地となる骨組みをつくるのが、軽天工事。
そしてボード工事とは、軽天工事でつくられた骨組みに石膏ボードを貼りつける、建物の壁や天井の下地づくりを指します。

軽天工事は、木材とは異なり燃えにくく、短工期・低コストといったメリットが。
それに付随するボード工事は、施工性が高く、種類も豊富なため、空間に合わせた施工が可能です。

■ 軽天工事のポイント

様々な形状に対応可能
形状が複雑な空間であれば、天井の形も当然複雑になり、軽天工事の難易度も上がるもの。
あらゆる現場での経験・熟練の技術を持つ当社なら、建物の形状に合わせた下地づくりが可能です。

精密な下地づくりを実現
軽天工事の仕上がりは、その後の壁紙施工や塗装といった内装工事に影響します。
歪みやズレがあると、天井や壁が凸凹になることもあるため、施工には精密性が欠かせません。
鉄骨材が通りよく施工されているか? 決められたピッチで配置され、しっかりと固定されているか? など、細かい部分まで厳しくチェックし、高精度の仕上がりを実現します。

納期の厳守
店舗のオープン日が遅れてしまったり、電気や水道といった他の業者様の施工を妨げるといった影響が出ないよう、当社は納期厳守を徹底。
事前にしっかりと打ち合わせを行い、培ってきたノウハウをもとに、手際よく工事を進めます。

■ ボード工事

適材適所の施工法を選択
ボード工事には通常の工法とGL工法の2種類がありますが、自由に工法を選択できるわけではありません。
室内外の温度差が激しい建物でGL工法を用いると、ボンドを通して湿気がまわり、表面結露やカビの発生原因になってしまうことも。
現場の状況をしっかりと見極め、お客様にとって最適な施工をご提案いたします。

見た目だけでなく機能性もプラス
超硬質・高強度のものや、耐火性能を強化したもの、吸音機能のあるもの、耐力壁用など、様々な種類があるボード。
和室用に化粧仕上げを施してあるものなどもあり、デザインは豊富。
お客様のニーズや、施工箇所の特性を踏まえ、適材適所の選定をいたします。

【電話】048-424-7498
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~18:00 (不定休)
【対応エリア】朝霞市中心にその他県近郊エリア

一覧ページに戻る